協同組合ジャパンエンジニアクラブ|外国人実習生受入

電話:0564-32-1401

メールでのお問合せはこちら

お知らせ

2017年11月より介護職種が対象業種に追加されます

介護職種

2017年11月より新たに介護職種が対象業種に追加されます。
厚生労働省「外国人技能実習制度への介護職種の追加等について」は → こちら

外国人技能実習生受入事業

外国人技能実習生受入事業

協同組合ジャパンエンジニアクラブ(JEC)の組合員様の中には以前の外国人研修生の受入実績のある企業様も少なくなく、法改正の後も引き続き外国人技能実習生の受入にも積極的に取り組んでおられます。当組合では、ヴェトナム・インドネシア・カンボジア・中国から、有能で勤勉な外国人技能実習生の受入を希望される組合員企業様のご期待にお応えできる体制を完備いたしております。

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習生受入事業

経済発展と産業振興を願う開発途上国の若者を一定期間日本の企業が受け入れ、日本の進んだ技術や知識を修得させることを目指して技術・技能の移転を図り、将来、その国の経済発展の中心となりうる人材の育成を主な目的としています。
 詳しくは → こちら
 受入対象職種は → こちら

協同組合ジャパンエンジニアクラブ(JEC)の取組み

外国人技能実習生受入事業

ヴェトナム・インドネシア・カンボジア・中国などの信頼のおける送り出し機関と連携して、有能で人柄の良い技能実習生の受入を行っています。来日を希望する技能実習生は母国での日本語をはじめ日本の文化・暮らしぶりについての充分な教育を受け、また、各種テストによる選抜で、穏やかな人間性と高い能力を持った有能な人材を受け入れ企業様にご紹介させて頂いています。そして、技能実習生が帰国後には母国での速やかな技術移転が可能になるよう、アフターフォローにも力を入れています。
 ジャパンエンジニアクラブ入会案内は → こちら

ジャパンエンジニアクラブ

  〒444-0951
  愛知県岡崎市北野町
  字東河原17-1 B号
  電話:0564-32-1401
  Fax :0564-32-1402
  Mail:info@jec-asia.net